治安の悪い場所へ行かない

風俗街や貧民街など一般的に治安が良くないと言われる場所では金品を狙われやすいです。財布からお札を出しているところをスリに見られたら、お金を持っていると見なされてすぐに標的にされます。旅行者の中には実際にうっかり足を踏み入れてしまい、財布をすられてしまった人も少なからずいるようです。あらかじめインターネットや本などで治安の悪い場所を調べておき、旅行中は立ち寄らないようにしたいものですね。旅行する国に知り合いがいれば、現地で実際に暮らしている人から情報を仕入れるのも一つの方法です。旅行の計画を立てる際には観光スポットやグルメ情報など旅先での楽しみに注目しがちですが、治安の悪い場所の把握も忘れてはいけません。

高価なブランド品を身に着けない

海外旅行ではおしゃれをしたい気持ちもわからないではありませんが、高価なブランドのバッグやアクセサリーなどはスリの標的になりやすいです。スリは持ち物でお金を持っているかどうかを判断するので、持ち物にはくれぐれも気をつけましょう。高価なブランド品はお金持ちと見なされます。したがって旅先で身の安全を第一に考えると、高価なブランド品を身に着けるのは控えた方が良いです。ブランド品同様に、ブランドの紙袋を下げていてもお金を持っていると見なされますので要注意です。関税がかからない分、日本で買うよりもずっと安く買えるためにブランド品を買おうと考える人もいるかもしれませんね。ショッピングでは紙袋から商品を手持ちのバッグに移し替えるなど、スリを寄せ付けない工夫をしながら楽しみたいものです。